くすぐりプレイ完全マニュアル!【パートナー作りの秘訣が盛り沢山】

  • 楽しくプレイできるかな
  • くすぐりが効かなかったら嫌だな
  • できればくすぐりパートナーとして今後も会いたいな

くすぐりプレイをすることが決まっているが、楽しみもあれば不安もある方もいるかもしれません。

本ページでは・・・

初めてのプレイで不安に思う方のために!

くすぐりプレイを楽しくするために必要な情報をお伝えしていきます。

くすぐりプレイを楽しくするためのコツ

会う前の事前準備はしっかりと

  1. 身だしなみ
  2. プレイ時に使う道具
  3. 集合しやすい場所の下調べ
  4. ホテル予約・ホテルまでの道のり確認

身だしなみ

身だしなみで気をつけること:

①香り
≫さりげなく香る練り”香水”をつけると、
香りが強すぎなくて、女性からも好印象です。

くすぐりプレイは、当然ですが体の接触があります。

その距離で過ごすとなると、相手に匂いがキツいとなるとプレイはかなり萎えます。

女性は匂いに気を使っている人は多いですが、男性は無頓着な人が多いのです。
汗っかきな人は特に注意が必要です。

あの人は匂いがな・・・」と思われたら、プレイはもうそれっきりになってしまうでしょう。

なので普段匂いに気を遣っていない人はしっかりケアしましょう。

裸でのプレイの場合、服が良い匂いでも意味がないですからね…

通常の液体タイプの香水だと、香りが強すぎてマイナスな印象を受けることもあるので、ふんわり香るものがおすすめです。

≫ふんわり香る練り”香水”【300円OFFクーポンあり】
②汗対策
ホテルなどについて、プレイする前にお手洗いに行き、
≫【男性用】全身に使える制汗剤
をつけましょう。

腋・内もも・鼠蹊部などは汗をかいてベタベタになりやすいです。

ベタベタになるとくすぐりづらいですし、触りたくもなくなります。

なので、くすぐりプレイに汗対策は必須です!

ただ、プレイ直前・プレイ中に制汗剤などをヌリヌリすると引かれるので、事前に塗っておいて≫サラサラ状態をキープできる制汗剤を使うのがオススメです。
③マスクの下
具体的にいうと鼻毛です。

マスクをするのが当たり前の生活になっていて、人前で久々にマスクを外したら鼻毛が出ていたなんてことはないようにしましょう。
≫【プレイ直前でもOK!】簡単鼻毛処理の方法

顔が近くなった時に、相手の鼻から毛が見えてると私はすごい萎えます。
④プレイ時の服
何かコスチュームを着てのプレイする場合:

コス衣装激安サイトで購入することをお勧めします。

ナース服

エロエロなスク水
など、気に入るコスチュームがあるはず!

私の経験上、コスがあると盛り上がってプレイをスムーズに進めやすくなります!

特にコスなどを着ないない場合:

服・下着など、清潔感のあるものを着ていきましょう!
あなたがもしぐら側であれば、なるべく薄くて滑る生地の服をオススメします。
管理人
管理人

下記のTweetをしている方もいるように、プレイ中の香りを気にする方もいるようなので、香水などをつけると良いかもしれませんね。

くすぐりプレイ時に持っていくと良い道具

くすぐりプレイに使う王道な道具といえば、

などですね。

拘束具選びのポイントはただ1つ。

手が痛くならないものを選ぶことです。
≫柔らかファーで手に優しい拘束具【格安セット】


ローション選びのポイント:

ローションを持っていくのは結構重いので、大容量のものを持っていくのはあまりオススメできません。

  1. 少ない容量のローションを複数用意しておく
    →ボトルもヌルヌルになるので、ホテルに捨てて帰って来れる
  2. 香り付きのものを選ぶ
    女性からも好印象!!

【ローション】120ml ストロベリーの香り

  • 電マ
    →「当てられながらくすぐられたい」って人は割と多いです!
  • ヘッドマッサージャー
    →くすぐり界隈で一時期流行りましたね。
管理人
管理人

↑この方のように、

  • 拘束
  • ローション
  • ヘッドマッサージャー

合わせ技を使う人もいるようですね。

こういった道具はAmazonで購入する方も多いですが、アダルトグッズ通販サイトで買うことをおすすめします。

理由は、

  1. 安い
  2. 種類が豊富

だからです。

上でローションは持ち運びが楽なように小さめなものがおすすめとお伝えしましたが、

Amazonでは大容量のものが多かったりします。

例えば上記のローションは定番とも言えますが、435mlのローションはなかなか重いです。

それに、ローションがついた手でボトルを握るとヌルヌルになるので、一回のプレイで使い切ってホテルで捨てられた方が便利なので、やはり小さいものを選んだほうが良いでしょう。

  • 丁度良いサイズのローション
  • パウダー
  • 手が痛くならない拘束具
  • 電マ

などなどは、まとめて下記のサイトで安く買えます

アダルト通販サイトはなんか怪しいイメージを持っている方もいるかもしれませんが、下記のサイトは健全に運営している会社なので、私も何度も利用してます

無地のダンボールで届くから家族にもバレない!

集合しやすい場所の下調べ

駅で集合してプレイ場所へ向かうパターンは多いと思いますが、初めて会う人と駅前などの人の多いところで会うのは少し難しいです。

「〜駅の〜東口」のように決めるパターンも多いと思いますが、これではまだ範囲が広すぎます。

  1. もっとわかりやすい目印があるところ
  2. 人が多すぎないところ

↑この2点を意識して、事前にGoogleマップなどで集合場所を決めておきましょう。

ホテル予約・ホテルまでの道のり確認

曜日などによりますがラブホは、

  • 満室だったり
  • 1番高級な部屋しか空いていない

のようなことはあるあるです。

1番高い部屋しか空いてないから他行こうか

え、あ、うん・・・

↑こんな感じでグダグダなるので、事前に利用したいホテルを予約しておくことをオススメします。

ラブホを予約するなら、カップルズというサイト一択です。

  • ポイントが貯まり、貯まったポイントで値引きできる
  • SMルームがあるラブホもある
    ※拘束具の用意がなくても大丈夫!

カップルズで予約をすれば、

  • ホテル探しで迷わない
  • ポイントが貯まってホテル代を節約できる

などなどメリットしかないので、使わないのはもったいないです。

また、予約が済んだらホテルまでの道のりを確認しておきましょう。

完全に暗記までする必要はないですが、スマホで地図を見るのに必死になっていると、相手とのコミュニケーションが取れません。

当日の朝

相手も初めてのくすぐりプレイの場合、緊張しているかもしれません。

朝起きたら、「体調は大丈夫ですか?」など気遣いの言葉をかけてあげましょう!

くすぐりプレイの約束ができたのに、「当日連絡が取れなくなる」なんてこともよく聞く話です。

当日連絡取れなくなるのは、遊ばれていた可能性も捨てきれないですが、怖くなって行くのをやめてしまった可能性も十分あります。

お相手さんが安心して来れるように気遣ってあげましょう!
≫女性のくすぐりプレイは注意!男性は気遣ってあげて!

集合時

お互いの服装を伝え合う
初めて会う人とスムーズに会うのはなかなか難しいものです。

なので事前に集合しやすい場所を決めていておくのと、集合前に自分の服装がわかるように相手に伝えておきましょう。

「黒パンツ・グレーのコート・黒リュック」などと文面で送っておくのも良いですが、首から下の写真を送っておくとかなり分かりやすくなります。

集合でワタワタすると、お互いに少し萎えるのでスムーズに会えるように注意しましょう!
「こんにちは!」と明るく挨拶をしよう
「は、はじめまして・・・」
と挨拶をし、緊張で喋れずそのままプレイ場所へ、というのがあるあるパターンです。

ここは、「はじめまして」ではなく「こんにちは」と挨拶をしましょう!
ベテランの営業マンが、お客さんに使う挨拶は「こんにちは」だそうです。

これだけで印象がかなり違うそうです!!
管理人
管理人

プレイ場所へ向かう際は、極力会話をしましょう!!

「この辺詳しくないから地図見ますね」など気遣いも忘れずに!

プレイ部屋に入室後

ホテルなど、くすぐりプレイをする部屋に入ったとき。

このタイミングがお互いに1番緊張します。

どうくすぐりプレイに入ったらいいんだろう?

もういきなりえいっとくすぐっていいものか?

こう思うこともあると思います。

私も最初少し困りました。

そこで超役だったのが、上のプレイ道具で紹介したヘッドマッサージャーです!

ベッドに行く前に、ソファーでヘッドマッサージャーで頭や背中などをやると、すごい盛り上がります。

いきなり触られるより抵抗もないでしょうしね!

一度盛り上がれば、そこからはノリで楽しめるでしょう!

逆にあなたがくすぐられる側の場合

相手が気まずそうにしていて、なかなかくすぐってこない時。

恥ずかしかもしれませんが、わざとらしく無防備な体勢になって、くすぐっていいよアピールをしてあげると良いかもしれません。
≫「くすぐりに弱くなりたい」くすぐりに強い人が効くようになる方法!

くすぐりプレイ中

楽しい楽しいプレイが始まっても、しっかり相手への気遣いは必要です。

  • 拘束具が痛くないか
  • くすぐったすぎて辛くないか
  • くすぐったく感じていないか
  • くすぐりは痛くないか
  • 喉は乾いてないか
  • 休憩が欲しいか

などなど、相手が不快に思うことが無いか考えましょう!

拘束が痛い・くすぐりも痛いなどで、不快な思いをした人も多いようです・・・

相手に確認しよう!

くすぐられて笑わされていると、言いたいことがあっても言えないことがあります。

実は痛みを感じているのに、くすぐっている側に気を遣って反応してくれていることもあります。

なので、相手が反応してくれていても、「痛くない?」などと確認してあげましょう。

他の上記の項目も、プレイを始めて最初の方は気を配ってあげてください。

相手がくすぐったがっていないとき

これが1番困りますね。

原因は、主に2つだと思います。

  1. 緊張している
  2. くすぐり方が悪い
相手が緊張していてくすぐったく感じないとき
緊張は、事前のやり取り・集合からプレイが始まるまでのやり取りがかなり影響します。

プレイが始める前から、プレイは始まっているんです!

親しい人にくすぐられるとくすぐったいけど、見知らぬ人に触られると身構えてしまってくすぐったくないってことはよく聞きますよね?
NHKの番組でも、これについて語られていました。

とは言え、どうしても緊張してしまうこともあるでしょう。

そういう時は、
●優しくフェザータッチをする
●会話をする
ヘッドマッサージャーなどで遊ぶ
などで、緊張をほぐすところから始めましょう!
くすぐり方が下手で相手が笑ってくれない
1番やってはいけないのは、相手がくすぐったがってくれないからと、どんどんくすぐりを強くするパターンです。

ツボ入れ・もみもみ系は痛がる人は多いので、相手の反応を見てやりましょう。

くすぐったくないし、痛いしで今後プレイしてくれなくなります。

私のオススメとしては、相手が笑ってくれない時こそ、優しくくすぐることです。

くすぐり方で意識することは、
●同じ部位ばかりずっとくすぐらない
●強弱をつける
の2つです。

あとは相手への思いやりです。
管理人
管理人

お互いに楽しいプレイになれば、自然と「またやりましょう!!」となります。

もし、「相手がくすぐってくれない」というような経験がある人は、くすぐりのプロのくすぐりを受けてみることをお勧めします。
くすぐりプレイができる風俗店・リフレ店【東京都内まとめ】

逆にあなたがくすぐられる側の場合

  • 拘束がきつくて腕が痛い
  • あんまりくすぐったくないな
  • 喉かわいた

そう思ったら、正直に言いましょう!!

相手は反応してくれるから楽しんでくれているのかと思って、やり続けている可能性が高いです。

腕が痛いのをそのまま我慢しておいてほしい人なんてそういません。

我慢が続いて、嫌な気分になると相手にその気持ちは伝わります。

相手からすると「何が不満だったんだろう?」と思います。

「くすぐってる側が察してくれ」と思うかもしれませんが、言ってくれないと分からないこともあります。

なので、ぐら側が何か不満があれば正直に言いましょう!!

くすぐりプレイ終了後

後戯(アフターフォロー)がめちゃめちゃ重要

パートナーになりたいなら、後戯の時間は必ず作る!

なぜなら、後戯をしながら相手の素直な感想を聞き出せるから。

具体的に何をすれば良いかというと、下記のようになります。

  • 水を持ってきてあげる
  • 手を繋ぐ
  • 頭を撫でる
  • 優しくカラダを撫でる
  • 服を着せてあげる
  • ギュッと抱きしめる
  • 腕枕をする
  • 優しくキスをする
  • 一緒にシャワーを浴びる

これらを実践するだけで、プレイ全体の満足度が上がります。

一度プレイできても、「もうその人が会ってくれない」なんて経験のある人はぜひ試してみてください。

ローションを使っていたとき
●お風呂でローションを落とす時にくすぐるのも楽しいので是非

●なかなか落ちない時は、お湯を溜めた湯船に浸かりながらタオルでこするとすぐ落ちます

●最後お風呂に一緒に入るのであれば、最高に盛り上がるのは泡風呂です!
小分けタイプのものを持っていけば全く荷物になりません。

アワアワをお互いに塗りあってくすぐり合うの楽しいですよ!
少し休んでから帰るか確認
くすぐられていた側は、体力をかなり消費してます。
なので、プレイが終わってすぐ帰っても良いですが、もう帰れるほど元気になってるか聞いてあげましょう。

プレイ部屋退室〜お別れ

  • 楽しかったね
  • 大丈夫?疲れてない?

などと、最後まで気配りは忘れずに!

まとめ:くすぐりプレイを楽しいものにするのは”思いやり”

最初から最後まで、楽しいプレイにするまでの秘訣は気遣い・思いやりです。

自分本位のプレイをして、自分だけ楽しもうと思うと、

  • 相手が楽しそうじゃない
  • 相手が楽しくなさそうだから自分もつまらなくなる

のような負の連鎖になります。

相手を気遣うことが、自分も楽しくなるコツです。

それに、できればその人と何回も会えるような、いわゆるくすぐりパートナーになりたいですよね?

であればお互いに楽しめるようなプレイをできるように工夫しましょう!!