【ぐりぐらんど】くすぐり風俗店レビューシリーズ

くすぐり風俗店「ぐりぐらんど」さんを利用した際の体験談を小説風に書いていこうと思います。

ぐりぐらんどさんと言えば、以前ABEMAの給与明細で取り上げられていましたね。

料金・サービス内容などを知りたい方は、ぐりぐらんどさんのHPをご覧ください。

【ぐりぐらんど】体験談・レビュー

2022年上旬ごろの感想です。

現在とはサービスの流れなども異なる可能性があるのでご注意ください。

くすぐりパートナーさんが遠方に引っ越してしまって数年。

くすぐり欲が高まっていたため、風俗を利用しようと決意。

ホームページを見ると、お互い脱がないと3000円引きになるよう。

くすぐるのも、くすぐられるのも好きな私は、どちらもできるぐりコースで60分で、お互い脱がないコースにすることに。

くすぐりの風俗店は何度か使ったことはあるが、やっぱり電話をするときは少し緊張する。

緊張をふり切り、お店へ電話をする。

すると、女性が電話に出る。

そういえば、ABEMAの給与明細の動画で女性が経営してるとあったのを思い出す。

コース・女の子の希望をして、予約を確定する。

初めての利用ということを伝えると、格安のホテルを紹介してもらえた。

スムーズに予約の電話は終了。

風俗店の電話口が女性というのはなんか新鮮な感じがする。

久々のくすぐりプレイでワクワクが止まらない。

緊張はあまりなく、楽しみの方が強い。

そしてそして、予約の時間10分ほど前に教えてもらってホテルに到着。

女の子には申し訳ないが、1番安い部屋が空いていたのでそこをとる。

全部屋比較的安いので、その中でも安い部屋はどんだけ狭くて汚いのかなと思いつつ部屋に入る。

すると、意外にも部屋は広いしキレイだ。

ラブホではあまり見ない和室だった。

トイレ・お風呂も別々になっている。

めちゃめちゃコスパ良くない・・・?

と感動を覚えつつ、私はお店へホテルにチェックインできた旨を伝えるために電話をする。

予約の際と同じ女性が電話に出る。

部屋番号を伝えると、「部屋に電話をかける」とのことで一度電話は終了。

1分ほど経つと、部屋の電話が鳴り響く。

電話に出ると、「〜さんでよろしいですか?」と確認される。

伝えた部屋にちゃんといるか確認の電話があるのか。

このシステムは初めてだなぁ。

電話を終え、女の子が来るのを待つ。

10分待機すると、部屋のインターホンが鳴り響く。

部屋の鍵を開け、女の子を迎え入れる。

お互いベッドに座り、まずはお代の支払いから済ませる。

脱がないコースなので、お互い裸にはならない。

私はくすぐりプレイする際のいつも通りの服装、エアリズムシャツ・パンツ姿に。

女の子も上着を脱いでくれる。

ツルツル生地の薄いワンピース姿に。

早速、2人でベッドに寝転ぶ。

私は女の子の脇腹をこちょこちょっとしてみる。

「キャハッ!」

くすぐった瞬間笑ってくれる。

どうやらくすぐりは弱いらしい。

「手はあげたままだよ」

と言うと、素直に言うことを聞いてくれる。

そのまま優しく上半身をくすぐっていく。

腋はガラ空きの服だったため、腋は直でくすぐれる。

どこを触っても笑ってくれるが、どうやらお腹が1番弱いよう。

お腹の上でくすぐる指のスピードをどんどん速めていく。

「キャハハははは!くすぐったいーーーーー!いいいい!」

と声がどんどん大きくなってきて、必死に上げていた手を下ろされる。

くすぐり風俗店で働いている子でも耐えられない、ということになんだか喜びを感じる。

女の子はすでに若干息が切れていたので、今度は私がくすぐられる番。

特に交代とは言わず、私はうつ伏せに寝転ぶ。

すると、私のお尻あたりに乗っかってきて、腋を優しくくすぐってくる。

枕に必死にしがみついて耐えるも、結構くすぐったい。

そのまま感度チェックされるように、背中・脇腹・お尻・足裏など、全身を優しくくすぐられる。

反応しないように頑張ってみたが、どうしても体がピクピク動いてしまう。

しばらくくすぐられると、足を開かされる。

そこからお尻をくすぐられつつ、片手が私の袋部分をコチョコチョっとしてくる。

お尻も同時にコチョコチョされているため、くすぐったいのと気持ち良いのでおかしくなりそう。

恥ずかしさで頭がいっぱいだったので、ギブアップをして添い寝状態になる。

私も仕返しに、パンツ越しで際どい部分をくすぐってあげる。

どうやら、ここをくすぐられるのがお好きなような反応。

ちょっと意地悪をしたくなる。

アソコ付近をくすぐりつつ、弱点のお腹をコチョコチョっとしてみる。

さっきまでの喘ぎ声に笑いが混じる。

だが、私に抱きついたまま抵抗せずに頑張っているよう。

そのまま数分少しくすぐる位置をずらしながら責め続けていると、「もうムリ」との声が。

やめてあげると、一気に脱力状態に。

けど、何もしない時間はもったいないので手首・二の腕あたりをサワサワして遊んでみる。

抵抗するまででもないが、ちょっと焦ったい感覚なんだろう。

ちょくちょくピクピク動いて楽しい。

そんな姿を楽しんでいると、私に抱きついていた手が、首・背中あたりをくすぐってくる。

くすぐったいが、耐えられないほどでもない。

なので私も同じように首・背中をなぞるように触っていく。

お互いにたまにピクピク反応しながら、くすぐったい場所を探り合う。

気づけば、足は絡み合い、体が完全に密着する体勢になっている。

背中をくすぐっていた手を徐々に脇腹の方へと移動させる。

するとだんだんくすぐったくなってきたのか、私の背中をくすぐっていた手が止まりぎゅっと抱きついてくる。

私は脇腹、そして腋をコチョコチョする。

すると、耐えきれなくなり笑い声を上げる。

抵抗しまいと必死に抱きつく力が強くなり、体がさらに密着すると体がすごい熱くなっているのが分かる。

息もだんだんあがってきたな、と思ったところで、部屋の電話が鳴り響く。

終了の合図の電話だったよう。

くすぐる手を止めると、

「はぁーーーーー、くすぐったかったぁぁーーーー」

と気持ちがこもった声を出す。

そこから数分はお互い疲れていたのでベッドでゴロゴロしつつ、たまに突っつきあったりしながら過ごす。

ただいつまでもそうしていられないので、名残惜しいが起きて着替えを済ませる。

部屋を出てエレベーターに乗り込み、そこでも軽くちょっかいを出し合って遊ぶ。

こうゆうのもなんだか楽しい。

ホテルを出て女の子とバイバイし、また利用したいなと思った。

ぐりぐらんどさん以外で、私がオススメするくすぐり風俗・リフレ店などは下記の記事で紹介しています。

【ぐりぐらんど】おすすめポイント

基本プレイが贅沢すぎる!
●くすぐり
●ソフトキス
●フェラ
●69
●指入れ

※裸もOK!!
完全に脱がないお客様割引がある
脱がずにくすぐりオンリーでのプレイの場合は、3,000円引きになります!

●くすぐりプレイをしたいけど金欠
●くすぐりだけ楽しみたい

のような方には嬉しいですね!

ぐりぐらんど以外のくすぐりができるお店はこちら